調剤薬局薬剤師、パート(アルバイト)勤務はどう?

薬剤師が活躍する職場の中でも特に安定してゆとりのある勤務体制の調剤薬局ですが、家庭の事情やブランク有などの理由で定時勤務に不安を持つ薬剤師の方もいらっしゃいます。

調剤薬局の平均的な勤務時間は9時~18時となっていますが、地方では未だに薬剤師不足が続いていて、数時間のパート勤務でも人材を確保したいと考えている調剤薬局がたくさん存在しています。時給も2000円以上と言う所がほとんどですし、その気があればすぐにでもパートを始められるはずです。

さて、調剤薬局でのパート・アルバイトの仕事内容は、既存の薬剤師の業務のそれと変わりませが、仕事は現場で学んでいくものがほとんどで、特に求められるのは知識よりもコミュニケーション能力だという考え方が一般的です 実際に調剤薬局に勤務している薬剤師転職組の方でも、大学で勉強したことを使うケースはあまり無く社会人としての経験の方が活かされると言う声を多く聞きます。

しかし、ブランクのある方の中には、薬剤師の仕事とは違う職業に就いていたために10年以上薬剤に携わっていないと言う方も珍しくありません。そんな方がいきなり現役薬剤師の方と肩を並べて仕事するというのは少々難しいですよね。

お子さんがいらっしゃる薬剤師の方にとっては、園のお迎えが出来る様な勤務体制が望まれますし、ブランクの長い薬剤師の方にとっては徐々にペースを掴んでいけるよう最初は短時間の勤務から始めたいという方が多いでしょう。

働きたい時間帯や一定時間の勤務が可能かどうかなど、ご自身で調剤薬局に尋ねる事も出来ますが、一番聞いておきたいのは職場の雰囲気です。閉鎖された空間ですので、人間関係に問題がある職場だと息が詰まってそう長くは続けられません。そのような職場はもともと入れ替わりも激しいので、事前の調査を必ず行いましょう。

ご自身では聞きにくい内容の場合もありますので、こちらで紹介している調剤薬局薬剤師の転職サイトを活用してみてはいかがでしょうか。 専任のコンサルタントが、登録者に代わって求人先を調査してくれるシステムが無料で利用できます。現在のご自身の状況をしっかり話して、豊富な求人の中からそれに見合うものをピックアップしてもらいましょう。

専任コンサルタントは事前調査の他にも、面接の同行や勤務時間等の交渉事まで行ってくれます。求人件数が10,000件以上という転職サイトもありますので、コンサルタントと共に最もご自身に適した求人案件を見つけて下さい。