薬剤師、病院から調剤薬局への転職ってどう?

残業や夜勤などハードな病院勤務の薬剤師の方が、安定した勤務体制の調剤薬局へ薬剤師転職するパターンが増えてきています。

結婚や出産を機にという女性薬剤師の方、仕事とプライベートを区別させたい方、ゆとりを持って仕事がしたいと言う方など、転職理由は様々ですが、病院勤務よりもゆとりを持ったワークスタイルと収入アップが見込めるというのが決め手となっているようです。

さて、病院薬剤師の仕事というのは調剤薬局の仕事と比べて、非常に多くの業務をこなさなくてはなりません。特に大きい総合病院等になれば、緊急蘇生時に使われる薬や麻薬などを扱ったり、ベッドサイドで直接患者さんに接したりすることも日常的にあるでしょう。

組織の一員としてチーム医療に加わり専門的な知識をフル活用して様々な業務をこなしていきますので、スキルアップには最適な職場と言えます。 実は、そういったストイックな職場から調剤薬局に転職した場合、その業務内容のギャップに驚かれる薬剤師の方が少なくない事がわかってきました。

薬剤師の場合、病院施設での勤務経験がなくても就職できますので、卒業後すぐに調剤薬局に就職した薬剤師は病院内の事を知りません。そんな薬剤師と一緒に仕事をするのですから知識の差に疑問を感じる方もいらっしゃるでしょう。

確かに、調剤の仕事とはいっても実際に医療の現場に係わった経験があるに越した事はありません。しかし、病院薬剤師とは違う役割が調剤薬局にはあるのではないでしょうか。

病院薬剤師とは違って、調剤薬局では健康保険や介護保険などを扱う保健薬剤師となります。訪れた患者さんから保健のしくみや料金の説明を求められる場合もあるでしょう。病院とはまた違う視点で患者さんとコミユニケーションを取らなくてはなりません。

患者さんの治療・完治を一番に考えるのは病院薬剤師も調剤薬剤師も同じではないでしょうか。そのプロセスやサポートの方法が違うだけで目指す所に違いは無いのです。 どんな職業も同じですが、まずはその職場の業務をしっかり習得する事です。調剤薬局でスキルを磨いて行く過程の中で、病院勤務の経験を活かせる事もたくさん出てくると思います。

経験の少ない薬剤師の方への指導や患者さんへの服薬指導、また調剤薬局の新しいあり方を見いだしていくという事にもきっと貢献できるはずです。地域の患者さんの為にも、ぜひ経験を生かした調剤薬剤師のエキスパートを目指してください。