薬剤師、ドラッグストアから調剤薬局への転職ってどう?

近年のドラッグストアやOTC医薬品の増加に伴って、薬剤師の方の活躍できる場所が増えてきました。特に最近のドラッグストアでは、OTCと調剤の両方に携わりながら接客や商品管理なども行うなど、忙しい中でも多岐にわたって経験を積めるので興味がある薬剤師の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろんそういったメリットを得られるドラッグストアもありますが、現実はそう簡単なものでもありません。 ほとんどのドラッグストアは年中無休で開店しており、薬剤師さん含め勤務するスタッフの勤務体制はシフト制です。土日と祭日は書き入れ時ですので休みを取るのは平日になりますし、閉店が22時前後ですからその時間近くまでは駐在するよう強いられ場合が多いでしょう。

勤務体制だけを見ると、ハードな病院勤務の薬剤師の方との違いは夜勤の有無だけで、休みの計画が立てづらいのは同じの様な気がしますね。

また、調剤とOTCの両方に携わる事は可能ですが、ドラッグストアのほとんどが1店舗に対して1人しか薬剤師を配置しておらず、実際に1人でOTCの説明も調剤もその他の作業も行わなければなりません。仕事もハードな上に責任の重圧も一人で負わなければならないでしょう。

実はこういった背景も手伝って、近年ドラッグストアから調剤薬局に転職する薬剤師の方が増加傾向にあるのです。 更に、ドラッグストア側の動向も変化を見せているのですが、薬事法改正と共に定められた販売登録者制度ができてから、高コストの薬剤師より販売登録者を雇用する動きがあるのです。これも薬剤師の転職を後押しする原因になっていると考えられるでしょう。

さて、ドラッグストアから調剤薬局への転職は、サービス業から医療中心業務となりますので、仕事内容もがらりと変わります。主に調剤中心となり、医師と患者さんの橋渡しをしながら薬剤師としての専門的な知識もより活用できますので、チーム医療の一員としてやりがいを感じられる事も多いのではないでしょうか。

医療に携わるので勤務当初は心配や不安な事も多いでしょうが、最初に覚える事を覚えてしまえば業務自体はそう難しくありません。逆に考えれば、休日もしっかりとれますし残業もほとんどありませんので予習復習する時間はたっぷりあります。毎日の業務もすぐに身につけられるでしょう。

こちらに紹介しているサイトでは、様々な調剤薬局の薬剤師転職案件を見る事が出来ます。今でこそ薬剤師は引く手あまたの状況ですが、先々は飽和状態になるという見解もあります。良い待遇があるうちに行動に移される事をおすすめします。