調剤薬局薬剤師への転職理由、休みが取れない…

病院勤務やドラッグストア勤務の薬剤師さんの勤務体制は基本的にシフト体制となります。ドラッグストアは土日・祭日が書き入れ時で夕方からが一番忙しくなりますし、病院も残業や当直、夜勤がありますよね。

病院のシフトは基本的に平日8時~17時ですが、これに残業や夜勤と休日出勤が加わります。もちろん手当等は付与されますが、シフトは1週間~2週間単位で決められる場合が多く、休みは周囲のお伺いを立てながら決める事になりますので、休暇の計画を立てるのは簡単ではありません。

また、勤務当初に募集要項書かれていた内容とは、現実は全く違ったと言う薬剤師さんの声も少なくありません。職場次第では薬剤師不足のために休みたくても休めない病院などもありますし、数年勤務しているが有給を一度も取った事がないという方もいらっしゃいます。

更に、病院勤務の場合は学会や勉強会、論文作成など職務以外の作業が必要になりますので余計にプライベートの時間を割く事になります。自分のスキルアップのために、それを承知の上で病院勤務を選んだ方でも、現実は数年で身体を壊すかギブアップして転職する薬剤師さんが後を絶たないような入れ替わりの激しい現場も存在しています。

ご家族がある方なら、決まった休日は特に大切なものですよね。プライベートの充実があってこそ、薬剤師としての責務をしっかり遂行できるのですから、決まった休日を取るのはお仕事をする事と同じくらい大切な事ですし、職場や上司に求めるのも当たり前の事なのです。

仕事とプライベートの充実を図るには、最初の職場選びが大事なポイントとなります。薬剤師が活躍する薬剤師転職先の中でも、最も仕事とプライベートのバランスが取りやすいのが調剤薬局勤務です。基本的に日曜祝日の休みに加えて1日~2日は午前中の勤務のみという所が多く、有給もしっかり消化できます。

更に、園に通うお子さんを持ったお母さん薬剤師の方も多く活躍しており、子供の急な病気などの場合でも理解を示して早退させてくれるなど、アットホームな調剤薬局も多くあります。 近年、家族を持つ薬剤師の方々や仕事とプライベートを両立させたい薬剤師の方々に多く支持されている職場なのです。

現在、病院勤務でハードな毎日を送っている薬剤師の方もいらっしゃるとは思いますが、ご自身のこれからの人生設計をもう一度考えてみてはいかがでしょうか。こちらに、いくつか調剤薬局薬剤師の専門サイトを紹介していますので、是非ライフプランに合った転職・求人案件を探してみて下さい。