調剤薬局薬剤師への転職理由、仕事にやりがいがない…

薬剤師の方が活躍できる薬剤師転職先の一つにドラッグストアでのお仕事がありますが、何年もの努力の末に取得した薬剤師の資格が活かされないと悩む薬剤師の方もいらっしゃるかと思います。 ドラッグストアでは、レジ業務や商品陳列などが殆どの業務となり、調剤知識を発揮出来る事と言えば、お客さんから成分の詳細や併用薬の質問などを受けた時くらいでしょう。
しばらくゆっくりした環境で仕事がしたいと考える薬剤師の方にとっては適した環境と言えますが、薬剤師でなくても出来る仕事ではないのかという疑念は常に付きまとうことになります。

とはいっても、病院勤務となると仕事とプライベートの区別もつかなくなるようなハードな業務になってしまいます。スキルアップを目指す薬剤師の方には良い環境ですが、そのような職場で何年も勤務し続ける事は想像以上に大変なことです。

それを表すかのように、薬剤師の転職率が一番多いのが病院です。ハードな業務の割に給料は他の職場と変わらない若しくは若干劣るケースも見られる他、チーム医療を強いられますので人間関係を円滑に維持していかなくてはなり、多くのストレスを感じる方もいらっしゃいます。

さて、薬剤師の半数以上に選ばれている調剤薬局もまた薬剤師が活躍できる職場の一つです。医師と患者さんとの中立の立場に立ち、医師の処方を患者さんに分かりやすく伝え、チーム医療の一員として個々の患者さんの完治を目指します。

調剤薬局を訪れる患者さんにとっては、病院で伝えきれなかった症状を訴えたり現在服用しているお薬との併用などを訪ねたりと、言わばセカンドオピニオンに近い気持ちで足を踏み入れる場合も少なくありません。

時にはわがままな患者さんが見える事もあるでしょうが、病院では見逃された患者さんの気持ちに気付き、それに寄り添ったアドバイスなどを続けて行く中で「有り難う」という言葉をたくさんかけられる仕事です。

病院勤務のようにハードではありませんので自分のペースで業務を遂行できますし、尚且つ医師や看護師などと同じようにチームの一員としてやりがいを感じられますので、充実したワークスタイルが実現できるでしょう。

薬剤師として医療の現場に係わっていきたいけれど、プライベートも充実させていきたいと考える薬剤師の方にとって、調剤薬局はピッタリの職場だと言えます。 こちらでもいくつか紹介していますが、調剤薬局薬剤師の求人は今がピークです。案件が多いうちにより良い条件の案件にアプローチすることをおすすめします。