調剤薬局薬剤師の転職理由、仕事が単調すぎる…

調剤薬局薬剤師の退職理由の一つに「仕事が単調すぎてやりがいを感じない」というものがあります。 薬剤師資格は、難関の大学入試をクリアし、高度な薬学を履修した優秀な人たちが取得できる資格です。それに比べると、日々の業務の単調さは我慢ならない人も多くなってしまいがちです。

確かに薬剤師の業務は単調・単純になり得る傾向があります。医師から出された院外処方箋に従って、問題がなければ指示通りに医薬品を準備していきます。単調・単純でありながらも、ミスは許されない業務であることから、その温度差に戸惑う方もいます。

また、細かい単純作業をする必要もあります。例えば、除包作業と一包化作業というものがあり、医薬品がまとめてパックしてある場合は、それをひとつひとつ取り出し、患者さんの使用頻度に合わせてまた一包ずつ包み直す作業などもあります。誰でも簡単にできる単純作業ですが、これも薬剤師資格がないと取り扱えない作業になっています。

さらには、勤務している調剤薬局が特定の医療化に特化する医療機関の門前薬局の場合には、常備する薬が500種類程度に留まり、整形外科や耳鼻科等の門前薬局の場合には、それが鎮痛剤や目薬程度に落ち着いてしまうので、仕事はより単調になってしまいます。

それでは日々の業務にやりがいが感じられず、モチベーションも下がってしまいます。キャリアアップを目指したくても、知識と経験が得られる環境ではないなら、留まることはメリットがなくなってしまいます。

しかし、調剤薬局でも様々な医薬品を扱い、より知識と経験を詰める職場はあります。それは、大学病院、大都市圏の総合病院などの門前薬局です。持ちこまれる処方箋の数が非常に多い上、1000種類以上の医薬品の管理、調剤業務を担当することができます。

よって、かなりの激務になる場合も考えられますが、同僚の薬剤師とチームワークを組みながら、効率的に大量の業務をこなしていくことになります。これは非常に大きな知識と経験を得られる機会となります。

また、単調に仕事をこなしていたのでは、患者さんにもそれが伝わり、患者さんの反応も単調になりがちです。よって、積極的に患者さんとコミュニケーションを取り、より自身の知識と経験が患者さんへのサービスへ反映できるようすることも、やりがいに繋がるでしょう。

しかし、現在の職場の単調さにはどうしても我慢ができない!ということであれば、もっと活躍できる職場への転職を考えみてはいかがでしょうか?下のリンクのおススメ薬剤師転職サイトなら、求人の職場環境等も十分にチェックすることができますよ。是非ご利用ください。