調剤薬局薬剤師への転職理由、仕事が忙しすぎる…

薬剤師の方が活躍される職場は、病院や調剤薬局、ドラッグストアや大規模企業など様々ですが、大半は病院勤務と調剤薬局勤務に別れています。病院勤務の薬剤師の仕事は、外来・入院患者さんの薬歴チェックや持参薬の鑑別等をしながら服薬指導を行ったり、薬剤の専門家から見た治療薬などを医師へ検討・提案したりする事もあります。

不安を持つ患者さんが理解できるように、その病態や、薬物療法、生物学的製剤などをレクチャーしていきますが、中には併用してしまうと命に係わるような危険性のある薬もありますので、担当する専門領域の病気と治療の知識はおろそかにできません。

また、比較的大きい病院になると各専門家とのチーム医療で患者さんにアプローチすることになり、いろんな分野の知識も必要となります。調剤だけではなく、実際に患者さんの治療過程を目の当たりにすることができますので、知識と経験の幅も広がりスキルアップにはとても良い環境だと言えます。

しかし、こういった大きい病院での勤務は、薬剤師としてのスキルが身について行くのは良いのですが、普段の残業に加えて24時間勤務になる事も少なく、休みの日は勉強や論文に潰されてしまいますのでプライベートの時間がなかなか取れなくなります。

日々の勉強と責任の重圧、充実できないプライベートに耐えきれず、うつ状態になってしまう薬剤師の方も珍しくないのです。薬剤師としてスキルを磨いて行くのは大事なことですが、身体を壊してしまっては何にもなりませんよね。

今現在では薬剤師不足の傾向にありますので、今なら多くの職場の中から選んで転職する事が可能です。特に、しばらく落ち着いてゆっくり仕事をしたいと考えている薬剤師の方でしたら、調剤薬局の勤務に移行される事をおすすめします。

残業や夜勤が無い分、給料面では若干減少するかもしれませんが、調剤からの薬剤師求人はとても多く、各所人材確保のために待遇や給料アップの条件を出している調剤薬局も増えてきています。

調剤薬局の役割としては、はまだまだ進化過程と考える方もいらっしゃいます。病院勤務でのスキルを生かして今後の調剤薬局のあり方を提案していくという事もできるかもしれませんね。

さて、今後この薬剤師不足は満たされていくだろうという見解もあり、動くなら早いほうが良いとされています。 こちらに、調剤薬局の薬剤師転職・求人サイトをいくつかご紹介していますので、一度ご覧になって見てはいかがでしょうか。