調剤薬局薬剤師が年収アップを目指すには?

調剤薬局薬剤師と勤務を続ける上で、年収をアップしたい人も多いです。年収アップには、どのような方法が考えられるでしょうか。

まず一つ目には調剤薬局の管理薬剤師になることです。医薬品を扱う、販売する、製造する所には必ず管理薬剤師を置くことが薬事法によって定められています。管理薬剤師とは、医薬品を適切に管理する薬剤師のことを指します。

管理薬剤師になるのに特別な資格は必要ありません。しかし、最低でも3年以上の実務経験があることが求められる場合がほとんどです。求められる知識も高度になり、医薬品に関する知識以外にも薬事法、薬剤師法、医療保険や診療報酬についても知識が求められます。

さらには管理が大事な仕事ですから、保管期限などの医薬品の品質管理、薬剤管理等の細かい業務が多く、管理はスタッフにも及び、パートやアルバイトのマネジメントを行うこともあります。調剤のみならず、管理・経営に携わる業務へと広がることは、充実感とやりがいに繋がるでしょう。

収入面ですが、勤務先によっては手当が支給され、月2~5万円、年収にすると30万円~収入にプラスされることになります。手当がつかないところもありますのでしっかり確認しましょう。

続いては、薬剤師が不足している地方で就業をすることです。どんな仕事でも都市部での収入のほうが高くなると考えがちですが、薬剤師の場合は逆転しているケースが目立ちます。

地域別の薬剤師の最低収入にはそれ程差はありませんが、最高年収は600万~800万円とかなりの高額収入が地方には存在しています。例えばそれは北海道、宮城、福島、栃木、新潟、三重、島根、沖縄等に見られ、大都市ではあまり見られない傾向があります。

薬学部が都市部に集中することから、薬剤師の就職も都市部に集中してしまうことが理由に上げられます。よって、都市部では過剰になった薬剤師の供給により給料が上がらず、地方では薬剤師不足が問題になり、人材確保のために高額の収入が用意されている場合があります。

都市部や競争率が激しい上、収入も低く上がらないのであれば、思い切って地方を目指してみることも選択肢の一つと考えられるでしょう。最後に、調剤薬局の開業も収入アップの方法として上げられます。場所選びから人選、サービスの管理まで自身の経営力が大きく問われます。成功した際には大きなやりがいと収入アップが見込める可能性が高いです。

しかし、建物や設備を考えても開業資金がかなり必要である上、他に薬剤師を雇うならそれなりの年収を用意する必要があります。製薬会社や医療機関との結び付きも経営に響きますので、かなりの困難とリスクが待ち構えているのが現実です。

もっと薬剤師としての経験を積みたいと考えての上の収入アップであれば、管理薬剤師や地方での勤務がおススメします。求人も幅広くありますので、自分に合った働き方と収入アップを目指しましょう。

上記を念頭に管理薬剤師や地方勤務を希望される方は、薬剤師転職サイトに登録するとよいでしょう。ただ、活用の仕方を間違えると後々の転職活動で面倒なことも起こりえますので、その点はご注意下さい。詳しくは下記を参照するとよいでしょう。