調剤薬局薬剤師に求められるスキルは?

調剤薬局薬剤師に求められるスキルとはどのようなものでしょうか?自分の業務を見直したり、スキルアップを考えるときには整理しておく必要があります。

調剤薬局に勤務する薬剤師の主な業務は、医療機関の院外処方箋が患者さんにより薬局に持ち込まれ、患者さんの状態や服薬歴、アレルギー等をカウンセリングしながら確認した後調剤をし、患者さんが安全に服薬できるよう指導を行うことです。

ここで大事なことは、何よりコミュニケーション能力になります。事前の患者さんとのカウンセリングの中でしっかり情報を聞き出し、さらには様子等からも健康状態を読みとることができれば、調剤の効果も上がりますし、処方箋にある薬が適切であるかの判断にも大変有効になります。

服薬の指導についても、患者さんがわかりやすい言葉で、適切に説明ができないのであれば、患者さんを薬物の危険性に晒す可能性さえも出てきてしまいます。言葉は信頼関係にも繋がりますので、患者さんの再訪の機会にも影響してくれば、薬局の経営にも影響します。

実際、薬剤師のコミュニケーション能力の必要性は現在において非常に重要視されています。それは、2012年の新卒者に初めて適用された薬学教育の改革にも大きく見てとれることができます。

それまでは薬剤師の資格を得るための薬学部教育は4年制でした。創薬や分析といった薬の内容を学ぶことが中心となっており、臨床薬学の視点がほとんど抜けていました。よって、卒業後に就職して初めて臨床を経験する新卒者は、適合が難しかったり、教育が一から必要なケースが目立ちました。

しかし、現在の6年制に移行後は臨床医学が重視されたカリキュラムになり、薬局での合計5か月の臨床実習も必須となり、患者とのコミュニケーション能力を養う機会が一気に導入されました。この事実からも、薬剤師のコミュニケーション能力の向上は期待されていると言えるでしょう。

さらには、日々発展する医薬品に対応するためにも、勉強を続ける意欲と探究心も調剤薬局薬剤師に必要なスキルと言えます。患者さんに適切で最も効果的な調剤、その判断をするためには、かかせないものになります。

また、薬剤の管理や患者さんの薬歴管理にはパソコン等で処理することがほとんどのため、最低現のITスキルも必要となります。効率化を図るためにも生かすことができますので、就職・転職には抑えておきたいスキルです。

さらにスキルを高めたい、新たな職場で挑戦をしていきたいと考え転職を考えているのでしたら、薬剤師転職サイトの利用をおススメします。職場の環境や条件等を詳しく調べることもできますしのできっと希望に叶う職場が見つかるでしょう。おススメの専門転職サイトを下のリンクからチェックしてみましょう。