調剤薬局薬剤師の給料や年収はどのくらい?

調剤薬局薬剤師の年収は400万~650万円、平均して510万円前後となっています。調剤薬局で薬剤師として勤務をすることは、薬の需要は継続してあることから、一般的に安定したポジションだと言われています。

勤務する調剤薬局の規模や場所によっても、かなり薬剤師の収入は左右される傾向があります。この点は就職や薬剤師転職の際にはしっかり把握しておく必要があります。

まず調剤薬局の規模ですが、大規模のほうが収入が多いと考えがちですが、実は中小規模のほうが収入が多い傾向があります。従業員1000人を超える大規模企業の場合、平均年収が540万程度、中小規模の場合610万程度とかなり差がでています。

これは、規模が小さい分一人一人の薬剤師を長期間確保し、薬局経営を安定させていきたい狙いがあるためです。高額の収入、安定した昇給を提示することにより、離職率を下げることを可能にしています。

大規模企業の場合は、より管理業務に関われたり昇級を狙うことができる魅力はありますが、替えが効くという意味では収入面では相場は落ちてしまう傾向があります。

続いて、勤務地によってもかなり収入に差が出る場合があります。地域別の薬剤師の最低収入、最高収入を比較してみると、最低年収に差はありませんが、最高年収は600万~800万円とかなりの高額が存在していることがわかります。

北海道、宮城、福島、栃木、新潟、三重、島根、沖縄等に800万円クラスの収入を持つ薬剤師が存在し、大都市以外での高収入が目立ちます。

これは、薬学部が都市部に集中することから、そのまま薬剤師の供給が都市部に集中してしまうことが理由の一つです。よって、都市部より地方のほうが薬剤師不足が問題になり、人材を集め確保するために収入が高額に設定されている場合があります。

また、都市部は優秀な薬剤師の就職激戦区となっていますので、ライバルと競いながら就職を勝ち取る必要があります。地方で働くことで様々なデメリットも考えられますが、競争率はそれほど高くなく、高収入なのであれば、検討をしてみるのも選択肢になります。

一方、調剤薬局薬剤師としてのキャリアアップのためにも、管理薬剤師となることもできます。勤務先によっては手当が支給され、月2~5万円、年収にすると30万円~収入にプラスされることになります。手当がつかないところもありますので、注意が必要です。

様々な職場の給与事情について把握した上で、もし今の給与に不満があるようでしたら、転職を考えてみてはいかがでしょうか?専門転職サイトなら求人が見つけやすく、条件を絞って検索することができますよ。おススメの転職サイトへ下から訪ねてみてくださいね。