調剤薬局薬剤師の雇用形態は?

調剤薬局に勤務する薬剤師の雇用形態はいくつかあります。それぞれに特徴がありますので、自分のキャリアプランや生活に合わせてぴったりの雇用形態を選びたいですよね。

まずは「正社員」としての就業ですが、やはり雇用面、収入面、待遇面で安定が一番期待できますし、将来の見通しが立てやすくなる点でメリットがあります。出産や育児で職場を離れる薬剤師も多いですが、産休や育休の取得が可能な職場なら、仕事を辞めずに子どもを持つことができます。

また、様々な仕事を任されることで幅広い経験が積め、やりがいに繋げることも可能であると言えます。年収も400万~550万程、平均530万円と比較的高収入で、管理薬剤師となると、年収600万も目指すことができます。

続いて「契約社員」ですが、契約期間と職務内容を予め限定して契約した上で就業します。待遇は正社員に近いことが多く、様々な職場である程度の責任を担いながら経験を積みたい人にはメリットのある職場となります。

最近増加の傾向にあるのは「派遣社員」です。派遣会社と契約をし、派遣会社より調剤薬局へ派遣され契約業務の範囲で業務を行います。正社員のように管理業務を任されることは少ないので、いつも最前線の業務を任され、患者さんと調剤に頻繁に接し、知識と経験を積むことができます。

正社員よりは責任が重くないケースが多く、トラブルがあっても派遣会社を通して解決が可能です。精神的により気軽に就業が可能と言えるでしょう。給与面も時給が高い場合が多く、2000円~3000円程度と幅広くはありますが、高額が狙えます。

最後にパートやアルバイトですが、なんといってもメリットは午前のみ、午後のみといった柔軟な働き方ができる点です。サポート的な業務が多くなりますが、例えば小さいお子さんを持つ女性薬剤師の方などには大変人気な働き方となっています。

時給面でも2000円程度が相場となっており、比較的高収入です。午前のみといった人気の時間帯は飽和状態傾向にあり、希望する場合はなかなか職場が見つからないかもしれませんが、逆に夕方~夜といった時間は歓迎される傾向があります。

せっかくの薬剤師資格ですから、知識を常に磨きつつ、活躍をしていきたいですよね。その上薬剤師は、雇用形態を選ぶことで自分のライフスタイルに合わせた働き方の選択がしやすい部分もありますので、色々と検討をしたいですね。

様々な求人がありますが、専門の薬剤師転職サイトを利用することが便利です。情報収集量も格段に上がります。下のおススメサイトを是非チェックしてくださいね。