調剤薬局薬剤師の勤務時間・休日は?

調剤薬局に勤務した場合、勤務時間や休日はどのようになるでしょうか?仕事とプライベートのバランスを考える上でも、把握しておきたい大事なポイントですね。近隣の病院や診療所の門前薬局としての機能が大きい調剤薬局であるならば、近隣の病院、診療所の開業時間や休日と合わせる場合が多くなっています。

例えば、医療機関は土曜は午前中まで、日曜は休日というパターンや、平日1日と日曜が休日といったパターンが多くなっていますので、調剤薬局もこれに合わせての休日となります。

その他の日に休日を取ろうとするならば、大規模の調剤薬局であるならば、他の人員でカバーできますので比較的休日は取りやすいですが、少人数で経営している調剤薬局ならば、基本的に営業日いつでも出勤しなくてはならない場合が多いです。

勤務時間ですが、これも近隣の医療機関に影響される部分が非常に大きくなっています。基本的に正社員薬剤師の勤務時間は8時間のケースがほとんどですが、医療機関の営業時間が8時間で収まるのならば、9時~18時などの勤務時間になります。

しかし、近年では人々の生活スタイルに合わせて営業時間を遅くまで伸ばしている医療機関も多いため、その場合は調剤薬局もシフト制になる場合があります。早番・遅番程度でシフトを分け、朝早くから担当する人と、比較的遅くまで働くスタッフに振り分けます。

医療機関の営業時間に合わせると言っても、医療機関の営業時間が過ぎれば調剤薬局の仕事も終了するわけでもなく、混雑で患者さんの診療が遅れていれば、それだけ調剤薬局も時間外で調剤を受け付ける場合もありますし、当日の調剤やその記録、薬の管理について、事務処理を営業時間後にする必要がある日もあります。

さらには、日々進化する医療技術に対応するため、勉強会や研修会に出席する時もありますので、そういった際には勤務時間が伸びたり、休日出勤となることもあります。

このように、勤務する調剤薬局の近隣の医療機関の規模や営業体制、調剤薬局自体の希望によって、調剤薬局薬剤師の勤務体系はかなり変わってきます。職場を選ぶ際は、事前にその環境を十分にチェックした上で進めたいですね。

もし、休みが取りにくい、残業が多い、勤務体系が不規則等の環境に不満を持っているのであれば、転職を考えるのも一つの選択肢です。

薬剤師転職ならば、パートやアルバイトでも比較的高収入が望めますし、調剤薬局の数も相当数あるので、自分にピッタリの働き方を見つけられる可能性は高いです。転職には転職サイトの利用がとても便利です。おススメのサイトへ下のリンクからチェックしてみましょう。