調剤薬局薬剤師のやりがいはどんな所?

薬剤師が勤務する場所は、病院、ドラッグストア、製薬会社等様々ですが、一番多くの薬剤師が勤務するのは調剤薬局です。ここでは、調剤薬局薬剤師として働くやりがいについて見ていきましょう。

調剤薬局で働く魅力は、なんといっても患者さん一人一人としっかりコミュニケーションを取ることができることです。医療機関から発行された院外処方箋を患者さんが持ち込み、体調や服役歴を確認しながら調剤し、患者さんが安全に服薬できるよう指導をし、必要があれば相談にのります。

その他の職場では得られにくい薬を利用する患者さんとの直接のコミュニケーションは、難しいときもありますが、患者さんの健康・安全を守れたときや、感謝の言葉を頂くときには、大きながやりがいとなって感じられることでしょう。

また、毎日処方箋に基づいた調剤業務を行っていきますので、処方箋薬に関する知識が身につきます。大病院付近の薬局ともなれば、多忙になることもありますが、幅広い知識と経験を身につけることができます。

処方箋の内容を確認し、患者さんの服薬歴等と照会し疑問点等があれば担当医師に疑義照会を行い、患者さんに誤った薬を服薬させないよう最終チェックをする役割もあります。患者さんの安全を守る大事な仕事を担っています。

さらには、調剤薬局はそこまで大規模なものはなく、何十人もの薬剤師が働いているといったこともないので、一人一人がその薬局の顔となって働くことができ、自分らしさを発揮することができます。頼って来局する患者さんも出てくることでしょう。

シフト体制で薬剤師が勤務するケースが多く、その場合は比較的休みや休憩が取りやすくなっています。少人数の勤務体制ですと、拘束されるケースもあるようですので気をつけたいですね。

給与面でも調剤薬局薬剤師は魅力的です。年収は400万~650万円程となり、平均年収は約530万です。これは病院勤務の薬剤師と同程度か少し高い程度です。

またキャリアアップの薬剤師転職を目指すなら、管理薬剤師になることもできますし、年収も600万円前後と収入アップも望めます。薬局の経営管理もする立場になれば、もっと仕事の幅を広げることも可能です。

薬剤師としてのやりがいを感じながら、ある程度の収入を期待したいのならば、調剤薬局への転職を検討してみてはいかがでしょうか?様々なタイプの調剤薬局があるので、気をつけて勤務先を検討してくださいね。専門転職サイトなら検索も簡単で、薬局の特徴なども知ることが可能です。おススメの転職サイトを下から訪ねてみてくださいね。