調剤薬局薬剤師が働く職場の種類

薬剤師の就業場所で一番多いのは調剤薬局ですが、調剤薬局には色々な種類があります。どのような種類があり、どのような名称で呼ばれているのか等をしっかりと理解した上で、自分のキャリア形成を考えていきたいですね。

現在の薬局と言えば、大きく浮かぶイメージは2種類あるのではないでしょうか。ひとつは病院の近くや街角にある、一般的な薬局です。薬剤師が個人で経営している場合も多いです。もうひとつは、日用品の購入も便利なドラッグストアです。

一般的な薬局を見てみると、保険調剤が可能な薬局と、保険調剤を取り扱わず、一般医薬品を販売する薬局があります。前者は「保健薬局」と呼ばれます。保健薬局は健康保険制度に従って保険調剤ができる薬局です。

病院、診療所から発行された院外処方箋を受け付けて調剤を行います。一人の患者さんから複数の医療機関の処方箋を受け付けることができるので、その患者さんの服薬歴管理が可能になり、かかりつけ薬局となることが期待されています。

その内、日本薬剤師会が設けるかかりつけ薬局としての基準を満たし、自治体の薬剤師会の認定を受けた保健薬局は、「基準薬局」と呼ばれます。保健薬局にも2つのタイプがあり、病院等の近くにありその病院専門に処方箋を取り扱う「門前薬局」と、どの医療機関の処方箋でも受け付ける「面対応薬局」に別れます。

門前薬局の場合は、近隣の医療機関の規模や取扱医療科によって取り合う買う薬が大きく変わってきます。大規模であれば、それだけ薬の種類やそれに伴う知識が必要になり、患者さんの数も増えるためかなり忙しい業務に追われるケースも多くなります。

近隣医療機関と連携し、患者さんが来局する前にFAXで処方箋情報が送られるところもあります。こういった場合は、医療機関・薬局・患者さんの間の効率的な業務が求められます。

門前薬局で近隣の医療機関が小規模、もしくは整形外科など扱う薬の幅が狭い医療科のみの取扱だった場合は、専門性は深まりますが、経験として物足りないものになってしまうかもしれません。

これに対しどの医療機関にも対応する面対応薬局の場合は、近くの医療機関より、近隣に住む患者さんが対象になります。よって、複数の医療機関に通う患者さんにとっては、かかりつけ薬局として対応が可能となります。

幅広い多くの薬の準備が必要になりますので、管理業務や豊富な知識が求められます。かかりつけ薬局となれば、よりきめ細やかな患者さんへの管理サービスを扱うことができます。

勤務する薬局のタイプによって、忙しさや担当業務、得られる経験・知識は大きく変わってきます。自分に合った職場をお探しなら、専門の薬剤師転職サイトの利用が便利です。おススメのサイトを下のリンクからチェックしてみてくださいね。