調剤薬局薬剤師、派遣で働くのはどう?

いくつかの薬剤師の職場の中でも、様々な雇用形態の薬剤師が混在するケースが多いのが調剤薬局です。

薬剤師転職の正社員だけではなく、パートやアルバイトなど、ある一定時間の勤務体制で勤めている方がたくさんいらっしゃいます。そんな中、派遣という形で勤務されている薬剤師の方も少なくなく、配偶者の転勤が多い方や人間関係に煩わしさを感じている方には働きやすい形です。

調剤薬局に隣接している病院やその規模にもよりますが、季節によって処方箋枚数が大きく異なる耳鼻科や皮膚科からの利用がある調剤薬局では、その季節間だけ派遣薬剤師を募集するところも多く見られます。 調剤薬局側からしても、常勤で雇用するまでは無いが、この季節だけは人材を増やしておきたいと考えますので便利なシステムだと言えるでしょう。

また、ブランクがある方が多いといわれる薬剤師ですが、そんな方にとっても短期的に職場を変えられますし雇用主の間に派遣会社を置く事で融通がききやすくなります。徐々に身体を慣らしていきたい方や、いろんな職場を経験したい方にはピッタリです。

さて、就職活動する手間も省ける派遣ですが、これも薬剤師を確保したい雇用者がいてこそ。 現在、地方では未だに薬剤師不足が続いており求人件数も多くあるのですが、これから先は頭打ちになるとの予想も聞かれます。実際、都市部の求人は満たされてきている傾向にあり、売り手市場だった薬剤師求人もいつ買い手市場になるかわかりません。

そうなると、長期的な就労が可能な人材が優遇されてしまいますので、パートやアルバイト、派遣は少々不利になってしまいます。 今すぐ求人が無くなるわけではありませんが、先行きに不安を感じる方は「紹介予定派遣」という形を取るのも一つの方法です。

紹介予定派遣とは、一定期間は派遣社員として働き、薬局と薬剤師の合意が成立したら正社員にランクアップするというもので、短期で終了ではなく長期的な視野も含めた雇用形態となります。 他業種でもこの形態を取るケースはたくさんありますが、その中でも薬剤師という専門職は比較的合意が取れやすい傾向にありますので、望まれる方は紹介予定派遣を中心に受けられると良いでしょう。

ご自身のプランに合ったワークスタイルを実現させるには、薬剤師の転職サイトは欠かせません。専任のコンサルタントが条件に見合った求人を紹介してくれます。こちらでもいくつかご紹介していますので、是非活用して見られてください。