調剤薬局薬剤師の求人をお探しの方はこちらを参考にしてください!

調剤薬局薬剤師に強い求人サイトは?

年間に10000人とも言われるペースで増え続けている薬剤師ですが、全国規模で薬剤師求人状況を見てみると、比較的都市部の求人は少なく地方へ行くほど募集は盛んに行われている傾向にあります。

関係者の間では、今後もこのペースで薬剤師が増えて行けば、ゆくゆくは地方の薬剤師求人も都市部同様に頭打ち状態になるのではないかと危惧されています。現在、就職や転職を考えていらっしゃる薬剤師の方は、できるだけ早いうちから好条件の案件を見つけておくことをおすすめします。

さて、好条件の薬剤師求人といえば調剤薬局の求人案件です。ここでは、他業界から調剤薬局へ転職した場合と、調剤薬局から別の調剤薬局への転職した場合の注意点をご紹介します。

【他業界から調剤薬局へ転職の場合】

薬剤師の代表する職場は、病院・ドラッグストア・製薬企業等いくつかありますが、中でも安定した勤務環境が魅力とされているのが調剤薬局です。他業界から調剤薬局へ転職する方も大勢いますが、多くの方がこの安定性を求めていると言います。

最近の薬剤師求人で給料面を見てみると、ドラッグストア>調剤薬局>病院残業という傾向が見て取れます。もちろん個々の職場によっても違いがありますが、概ねこの順序となるでしょう。

ドラッグストアから調剤薬局に転職すると給料は下がってしまうわけですが、実は昇給制度を考えるとドラッグストアよりも調剤薬局の方が長期的な展望があるのです。先ではその差を縮める事も出来るでしょうから、案件の待遇や昇給制度は必ずチェックし、長期的な見通しを考慮した上でのアプローチが望まれます。

また、病院から調剤薬局への転職する場合は、業務内容のギャップに少々疑問をいだくことがあるかもしれません。 病院薬剤師の仕事は多岐に亘り、調剤薬局に比べると取り扱う薬の種類も豊富です。専門性を活かしながらスキルアップも目指せる絶好の環境でもありますし、チーム医療の一員として多くのやりがいを感じる事が出来たでしょう。

活躍する機会も多い病院薬剤師の方が調剤薬局へ転職すると、何か物足りなさを感じてしまうとケースが少なくないのですが、病院薬剤師と調剤薬剤師はそれぞれにしっかりとした役割がありますので、まずは調剤薬局薬剤師としてその役割を極めていくことを目指してみて下さい。

調剤薬局から調剤薬局への転職の場合

調剤薬局に勤務する薬剤師の方が、一見似たような別の調剤薬局に転職すると言うのも珍しくありません。この理由の一つに人間関係が円滑に築けなかった事というのがあります。調剤薬局は閉鎖的な環境にあるため、毎日同じ空間で同じスタッフと顔を合わせる事になります。気疲れしてしまうような職場だと、長期勤務は精神的に難しいかもしれません。

また、調剤薬局は隣接する病院施設によって取り扱う薬の種類が異なってくるのはご存じの事と思います。眼科や耳鼻科など特定医療の病院に隣接された調剤薬局は取り扱う薬の種類が少ないので、ゆっくりとした職場と言えますが、小児科や総合病院になると薬の種類も大幅に増えますし、注意事項もかなり多くなり忙しい業務となるでしょう。

さて、勤務体制は安定傾向にある調剤薬局ですが、職場の人間関係や実際の業務状況は実際に勤めてみないとわからないものです。転職を繰り返さない為にも、事前の調査は欠かせません。

こちらに紹介している薬剤師転職サイトでは、職場の雰囲気から勤務体制まで詳しく情報提示してくれます。案件ごとに条件交渉も可能ですから、これを活用しない手はありません。参考になさって、ぜひより良い職場へ転職を成功させてください。

薬剤師のお役立ちサイト

神奈川県の薬剤師会HPです。薬剤師会の活動内容や、県民への医薬品情報、県内の薬剤師の求人情報などを紹介しています。
神奈川県薬剤師会

copyright 2013 調剤薬局薬剤師転職 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。